タクシー部門

福祉車両について

介護タクシーで福祉車両を使って介護をサポートする場合がありますが、この福祉車両についてご存知ではない方も沢山いらっしゃると思います。そんな福祉車両についてご紹介します。

【福祉車両とは】

少子高齢化社会となっている日本では、福祉車両の需要が高まっています。
この福祉車両とは、高齢者や障害をお持ちの方が使いやすいように設計され、様々な機能、設備が施されている車両のことです。

福祉車両は大きく2つに分けることができ、電動車いすやセニアカーのような、高齢者や障害をお持ちの方が自分で運転できる自操式と、歩行が困難な方や体が不自由な方を移送する際に使われる介護式の2つのタイプがあります。介護タクシーでは、介護式の福祉車両でお客様を目的地まで送迎しています。

【福祉車両の機能】

福祉車両には一般の車両にはない設備や機能があります。一番大きな機能は車の後部座席に車いす乗降用のスロープがあることで、車いすに乗ったままの状態で乗り降りができます。このスロープがリフトになっていて、ボタンで昇降するタイプもあり、こちらはスロープよりも更に車いすでの乗り降りが楽になります。

このリフトアップ機能を座席に利用したのが、リフトアップシートと呼ばれるもので、助手席タイプと2列目シートタイプの2種類があります。こういった機能は高齢者や障害をお持ちの方が楽に乗り降りできるだけではなく、介護をする方の手間を軽減するうえでも大切な機能です。

今治市にある弊社ではタクシー代行や介護付きの介護タクシー、観光タクシーなど様々なサービスを行っております。介護ではしっかりとした知識、経験を積んだケアマネージャーがご利用者にそったケアープランを作成し、住み慣れた家で可能な限り在宅で介護を受けられるサービスの提供を目指しております。また、タクシー部門、観光部門、介護部門それぞれで求人募集をしておりますので、気になる方はまずはお問い合わせください。
その他介護料金に対するお悩み、観光コースの追加などお気軽にお問い合わせください。


ページ上部に戻る