上手なタクシーの使い方

今治市にお住いの方の中には、「タクシー=高い」というイメージをお持ちの方は多くいらっしゃるでしょう。
しかし、そのタクシーは上手な使い方をすれば非常に便利な乗り物となります。

【上手なタクシーの使い方について】

・下車する場所を指定する
タクシーに乗って目的地に向かう場合には行き先を伝えることになりますが、その時に下車する場所を予め指定しましょう。この時、目的地だけを伝え下車する場所を言わないと、運転手に「どこで止めますか」と聞かれ、場合によっては検討違いの場所で下車する事もあります。目的近くのロータリーや駐車場、近くのコンビニなどを予め指定しておけば、スムーズに下車する事ができます。また駅の場合であれば、南口や北口などを予め指定おきましょう。そうする事で、遠回りしないで下車する事が可能です。

・事前に予約しておく
タクシーを乗ろうと考えた時、なかなかタクシーが捕まらない事はよくあります。
特にビジネスシーンの場合だと、タクシーを捕まえるのに時間がかかり、時間をロスしてしまうのは大きな問題です。得意先との大切な商談で遅刻となれば、まとまる話もまとまらなくなってしまいます。
そうならないためにも、タクシーを利用するなら事前に予約しておく事が大切です。

・行き先の伝え方
タクシーに乗って始めにする事、それは「行き先を伝える」事になります。
これが結構大変な事であり、大抵の場合、目的地の名称しかわからない事が多くあります。
しかしそれが運転手の知らない場所という事もあります。
そういった事も想定して事前に目的地の住所を調べておきましょう。
またスマートフォンや携帯電話で、運転手に地図を見せるようにしてください。
そうする事で、運転手が目的地の場所を理解する事ができるでしょう。

上記のポイントを抑えておけば、上手にタクシーを利用する事が可能となります。
このポイントは、通常のタクシーはもちろんのこと、介護タクシーを利用する場合にも有効ですので、ぜひ知識として覚えておき、タクシーをご利用の際には実践してみましょう。


ページ上部に戻る