タクシーの豆知識

タクシーの歴史について

タクシーは、1912年8月5日に誕生したそうです。
皆様もご存知だと思いますが、タクシーには料金を表すメーターが搭載されています。
このメーターは、この時代から搭載されていたというので驚きです。
そこで今回は、タクシーの歴史について紹介いたします。

【タクシーの歴史】

・タクシーの誕生
上記でも話したように、タクシーは1912年8月5日に誕生しました。
最初は、タクシー6台で運用していたそうですが、第一次世界大戦による好況によって、1921年には1205台まで増加しました。

・円タク
1925年に円タクという市内を一円均一で走るタクシーが登場しました。
円タクは、当時ばらばらだった運賃を分かりやすくするために登場したものです。

・神風タクシー
1950年に、神風タクシーというタクシーが登場しました。
神風タクシーとは、無理な運転を行うタクシーのことをいいます。
神風タクシーは、国をあげてとても問題になりました。

・タクシー無線の開始と個人タクシーの営業許可
日本初のタクシー無線が1953年に札幌にて開始されます。
そして、6年後の1959年に個人タクシーの営業が東京にて許可されます。

・料金改定
1970年に時間距離メーター、深夜早朝割り増し料金が登場しました。
この料金改定によって、事故率が大幅に減少したそうです。

・タクシーが爆発的に増加
2002年にタクシーが爆発的に増加しました。
そして、今までになかったタクシーサービスが登場します。
例えば、ワンコインタクシーやゴーゴータクシー、子育てタクシーなどです。

【観光タクシーのご利用なら】

弊社は、愛媛で営業しているタクシー会社です。
愛媛のイイトコロを隅々までご案内いたします。
後、体が不自由な方も安心、そして安全に利用することができる介護付観光プランなどもあります。
これは、車椅子専用のタクシーで送迎いたします。タクシー代行などのサービスも行っております。愛媛を観光される際は、ぜひ弊社ご利用ください。


ページ上部に戻る