タクシーの豆知識

エコノミークラス症候群について

エコノミークラス症候群をご存知ですか?エコノミークラス症候群は、発症してしまうと死に至る恐れがある大変危険な症状です。こちらではエコノミークラス症候群についてご紹介します。

【エコノミークラス症候群とは】

エコノミークラス症候群(旅行者血栓症)とは、足が圧迫されてうっ血状態になり、血栓が生じる病気です。足の静脈にできた血栓が肺に詰まると、呼吸困難や心臓停止を招く恐れもあります。足や下腹部の静脈に血栓ができる症状を「深部静脈血栓症」、血栓が肺の血管に詰まる症状を「急性肺血栓塞栓症」と呼びます。この2つはセットで引き起こされることも多く、まとめて「静脈血栓塞栓症」と呼ぶこともあります。

【エコノミークラス症候群の原因】

「飛行機に長時間乗った後、飛行機を降りて歩き始めた直後に急な呼吸困難、ショック状態に陥る」というのがエコノミークラス症候群の典型的な例です。エコノミークラスでの長旅は、狭い椅子に長時間座ったままの状態を強いられることが多いです。そのため足の血行不良が起こり、血栓ができやすい状態になってしまうのです。

つまりエコノミークラス症候群は、先述した「急性肺血栓塞栓症」に該当します。エコノミークラス症候群は「長時間同じ体勢を続けること」が発症する大きなポイントになるため、飛行機に限らず、車での長旅で引き起こされる可能性も十分に考えられます。

【エコノミークラス症候群を発症しないためには】

長旅が原因となるエコノミークラス症候群は、心がけ一つで防ぐことができます。「血行を悪くしない」「血液の濃度を濃くしない」ことが予防のポイントになります。血行不良を防ぐための対策としては、締め付けのない洋服を選ぶ、適度に体を動かすなどの方法があります。また、血液の濃度が濃くなると血栓ができやすくなるため、こまめに水分を補給することも大切です。

ただし、お茶やアルコール類は利尿作用があるため、かえって体内の水分が失われてしまう可能性があります。長旅の時はスポーツドリンクなど、体への吸収が良い飲み物がおすすめです。他にも、定期的にトイレに行くことも重要です。例えば車で長旅をする場合、近くのコンビニなどでトイレに入ったり、軽く体を動かすなどして同じ体勢が続かないように工夫しましょう。

今治市近郊でタクシー会社をお探しの方は、弊社をご利用ください。弊社では、観光タクシーに対応しており、お体が不自由な方も安心して観光を楽しんでいただけるよう、介護付きの観光プランをご用意しております。お客様の体調などを詳しくお伺いしますので、長旅でのエコノミークラス症候群などが心配な方も安心してご利用いただけます。

タクシー代行では、自転車を搭載することも可能です。求人募集も行っております。観光タクシーを必要とされている方はもちろん、料金や求人情報に関する詳細が知りたい方も、お気軽にお問い合わせください。


ページ上部に戻る